「メイカーズってどんなコミュニティ?」にお答えします!

大学生活
Pocket

どうも!株式会社シェアトレ代表の木村です!

最近ありがたいことにFacebookやTwitterで

「メイカーズに興味があるのですが、実際にどんな活動をしていたのかについてお聞きしたいです!」

との質問を多く受けるので、全体的に聞かれることをまとめて、このブログ記事でお答えしちゃおうかなと思います!

(いちいち答えるのがめんどくさいわけじゃないよっ☆)

しかも、もうすぐ4期生の締め切りが迫っている!ということで

「このタイミングで助太刀しなければ!」という使命感にも突き動かされて書いております!

 

「メイカーズ興味はあるんだけどなぁ。後一歩が踏み出せない。。」

「そもそもどんなことしてんねんっ!」

と思っているそこのあなた!

 

ぶっちゃけ!詳しい情報はこの公式サイトに書いてあります!←

まずはこのサイトを隅々まで読んでください!

 

「出落ちかよ!」という声が聞こえてきたので、本題に。

 

この記事では実際に体験したことなど、普段聞けない話を中心に盛り込んで、

10ヶ月のプログラムを疑似体験できる感じで書いていこうかなと思います!

興味ある人は読んでいってね!

それではスタート!

メイカーズって何?

メイカーズは一言でいうと、

世界を変えようと思っている変人集団」です。

(※個人的な解釈です笑)

 

でもね、変人て辛いんすよ。

好きで変人になったわけじゃない。

自然と個性を出していたら

「あれ??なんか自分、周りと違う??」

と気づき、いつの間にか自分の個性や偏愛を抑えてしまうものなんです。

悲しいですね。。

 

しかし!メイカーズには大学生までその変人さを持ち続けた人(希少種)or本当の自分を表現したくて疼いている人(進化前)が集まってくる面白いコミュニティなんです。

だからね。メイカーズのメンバーを見て

「うわ〜、みんな起業してるし自分は無理だぁ」

とか思って諦めて欲しくないんです。

Makersは進化前の想いをフツフツと抱えている人も大歓迎。

そんな人たちが集まって、切磋琢磨して、成長していくのがメイカーズの10ヶ月間なんです。

(ちなみに僕は2期生に入った時、既に起業してましたが、

60人くらいメンバーがいた中で起業していたのは10人もいないくらいでした。)

 

メイカーズの10ヶ月って何するの?

 

(その内容に関しても、ここにめちゃめちゃ詳しく書いてあります!←

とりあえず見てみてください笑)

 

最初の2ヶ月はキックオフの研修があったり、みんなで合宿をして親睦を深めることを目的としています。

全国から集まった60人ほどの変人達。言わずもがな全員クセが強い!

と、言いたいところですが、(一部の希少種は除いて)最初はみんな探り探りなので、

クセを100%に発揮している人は少ないです笑 なんだか愛くるしい変人達ですね。笑

 

徐々に心の壁を壊していき、後に全員が個性100%を発揮するカオス状態に発展していきますが、それは後ほどお話しします。笑

 

実体験としてのアドバイスとしては、このキックオフの期間、甘くみられがちですが、「絶対に参加しとけ!」と声を大にして言いたいです。

サービスリリース直後で忙しさの絶頂期にいた僕は、全ての日程に参加することができませんでした。(本当は全部参加できないとダメだよ)

 

少し落ち着いて合宿に参加したら、、こんな状況に。

「・・・みんなめっちゃ仲良くなっとる〜〜〜!」

「気まずい〜〜〜」

自業自得というやつです。

木村がメイカーズデビューを失敗した決定的証拠を写した、伝説の写真はこちらです。

僕の前だけ謎の空間が←

これが心の壁というやつですね。悲しいくらい顕著に表れています。

 

しかも合宿の終わりには「シェアゴミだね!」とみんなのゴミを押し付けらる始末。

完全にいじめられています。←

 

こんな写真が残らないためにも、皆さん、最初のキックオフは必ず参加するようにしましょう。

(優しいみんなのおかげでデビュー失敗は、なんとかその後取り戻すことができました笑)

 

さて、みんなと仲良くなれたところで、

いよいよ自分の専門領域に近いゼミを選んでいきます!

ここからが自分の事業をバリバリ進めていく怒涛の8ヶ月です。

 

ゼミって実際どんな感じ?

 

2ヶ月の準備期間を終えたメイカーズ生たちは、6つの領域から自分の一番関心のあるゼミを選んでいきます。(8ヶ月のプログラムの詳細はこちらへ!)

メイカーズの醍醐味の一つ!といっても過言でもないこのゼミ。

あの大企業の社長さんの密なメンタリングが月に1回受けられちゃいます。。なんてこった。

ちなみに僕はインターネット領域の古俣ゼミを選択しました。

PIXTAという「画像と動画の素材を売買できるプラットフォーム」を運営している上場企業の社長様です。
(古俣さんのブログは必見なので是非ご一読を。)

こちらが古俣ゼミの面々。

仲良さげですね。

毎月1回みんなで集まって、1ヶ月の進捗の報告と今の課題をシェアします。

その人の課題をみんなで知恵を振り絞って、解決するのがゼミの伝統。

見てください、この協力態勢を。

(一部イメージの捏造があります。ご了承ください笑)

うまくいっている人を見て焦ったり、メンタルが追いつかなくて休みたくなったりと、

起業家のリアルを皆さんは目の当たりにすることとなるでしょう。。笑

それでも走り抜けられるのは、このゼミの仲間の存在やメンターの方のサポートがあるから。

本当に貴重な時間を過ごせたと思っています。

そして毎回2時間ほどの熱い議論を終えた後、なんと古俣さんの奢りで美味しいご飯に連れていってくれます。(古俣ゼミ限定?)

アドバイスも頂けて、美味しいご飯まで、、夢のような時間です。

ちなみに古俣ゼミの1期生と2期生の交流会などもありました!

このように縦のつながりもあるのがメイカーズのいいところ!

そして、8ヶ月の実践期間が終わった後、待っているのがデモデイです。

みんなの10ヶ月の成果を報告する晴れ舞台!

この頃には個性MAXのカオス状態です。笑

でも、それでいて、組織に馴染んでいる。

やっと自分の個性を受け止めてくれる場に出会えて、みんなの顔には安心感がみえる。そんな空間になっています。

各ゼミの代表が発表したり、1期2期のOBが集まってさらに発表したり。

夢と活気に溢れた祭典がデモデイです。

1.2.3期生が大集合した記念写真。

こうして、メイカーズ生たちは卒業して、各々の道を進んでいくことになります。

卒業した後も交流はあるの?

はい!あります!

というのも、交流を作るのもやめるのも自分次第といったところです。

僕は1期生でYoutuber Academyを運営するFULMA株式会社代表 齊藤涼太郎と、大の仲良しになり

現在では月に1回銭湯に行って、お互いの傷を慰め合う会を行っています。

乾杯の音頭は

「今月もよくお互い生き延びた!お疲れぇ〜!!」
といった感じです笑

やっぱり、起業家は悩みが絶えないので一緒に支え合える仲間の存在は大きいです。

(お金を払う涼太郎先生。彼のとても面白いと話題のnoteはこちら

銭湯の後は本屋に寄って勉強して帰る、というメーカーズ生ならではの意識の高さも伺えます。さすがです。

 

最後に

おふざけ満載のブログになってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

「メイカーズの10ヶ月間ってこんな感じなんだ!楽しそう!」と思っていただければ嬉しいです!

全部を通して僕が伝えたいことは一つ。

こんなにあたたかくて、挑戦を応援してくれるコミュニティは中々ない!ということです。

メイカーズで得られるものは一緒に志に向かって突き進んでいく仲間と、それをサポートしてくれるメンターの方々です。

もしあなたに本気で実現したい未来があるのなら、是非メイカーズに応募してみてください。

そして一緒に銭湯に入る仲間が増えることを楽しみにしています。

最後に、メイカーズ運営責任者の方の投稿を紹介して終わりたいと思います。

このメッセージに、心震えた方は、メイカーズの素質あり!?
是非ご一読を。

 

 

Pocket

Twitterフォロー